ホーム > 看護師 > 看護師の転職先

看護師の転職先

看護師が転職をするには、未来のことを考え、早めに行動を起こすことが大切です。さらに、何を重点的に考えるのかを決めておく方がいいでしょう。
将来の自分をはっきり想像して、そのビジョンに沿った転職先の情報をちょっとずつ集めてちょーだい。

年収と職場環境、勤務形態など、自分にとって大切な条件も挙げておきましょう。

修学旅行やツアー(小旅行や地方巡業などのことをいいます)などに供に行って、怪我や病気の応急処置、何かあったときの病院の手配をする看護師もいます。

結婚していて、おこちゃまのいる人は週末に休むことができてたり、夜勤がないという職場を希望しています。


病院以外の場所ではたらくのであれば、そこで求められる専門の知識を身につけている認定看護師であるとか専門看護師の資格があれば、採用されやすい傾向があります。
看護師の資格を得るためには、何通りかの道が挙げられます。


看護師免許を取得するには、国家試験を受験することが必要ですが、いきなりは受験できません。

受験資格を手にするために看護専門学校(3年間)や看護系の短大(3年間)や看護系の大学のどれかで、看護について学習することが必要です。

看護師の夜勤は、16時間などの長時間の勤務となっているので、勤務中の仮眠が取れます。国の指針では、月に8回までとされていますが、現状ではそれを超える場合が多いようです。



働いている病院の勤務形態によっては、規則的な生活ができなくなったり、体調を崩しやすいのも、看護師が長続きしないワケの一部と思われます。



看護師の職場といえば、病院と考えるのが妥当でしょう。
しかし、看護師の資格を使える職場は、病院だけでなく色々とあります。

保健所で保健師と協力し、地域にお住いの方の健康上のいろいろなケアをするのも看護師のしごとです。それから、福祉施設には医師が常駐しているところは多くなく、ほとんどの医療に関わる行為を看護師が行ないます。

看護師になるための国家試験は、1年に1回あります。看護師不足が問題となっている日本にとっては良いことに、直近数年において看護師資格の合格率はおよそ90%とおもったより高い水準を示し続けています。

看護師の資格のための国家試験は、大学の入学試験のような落とすための試験とは異なり、一定のラインを超えることができてれば合格を勝ち取ることのできる試験です。看護士になりたいワケは実際、どんなことをきっかけにして看護師になりたいと思ったのかを入れるとイメージが良くなるでしょう。

転職の時のワケはこれまでに経験したことをいかしたいより人の役に立つ技術を学びたいなど、前向きなイメージを持たせられるものにします。今までの勤務先についての良くないことは口にしないことが大事です。
産業看護師とは、従業員が健康にしごとに従事できるように保健について指導したり、メンタルケアもして、うつ病の防止に努めます。産業看護師は求人の公開が一般にされていませんから、ハローワークなどで見つけるのは不可能だと思います。



興味がある場合は看護師専用転職ホームページを利用してちょーだい。転職ホームページでは産業看護師の募集も頻繁に載っているでしょう。


産業看護師とは一般企業ではたらく看護師のことをいいます。
看護師と聴けば病院とかクリニックを思い浮かべるでしょうが、医務室などを設置している企業もあって、そこで働いている人もいます。
しごとの中身や役割は勤務会社により多様ですが、従業員の健康維持と健康管理は基本的なしごとでしょう。全国での看護師年収は平均すると、437万円ほどです。ですが、国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員勤務であるので、年収は平均すると、593万円ほどになるでしょう。

公務員看護師は給料のアップ率も民間病院よりも高く、福利厚生の点も充実しています。
準看護師の場合、看護師よりも平均年収が70万円くらい低いでしょう。
現代は高齢化が進んで、看護師は福祉施設でも需要が拡大してきているのです。また、大手の会社になると看護師が医務室などにもいて、健康診断や相談、ストレス等のメンタルケアを行っております。

このような事例の場合には、社員としてその会社や企業に入社することもあるでしょう。看護師の国家試験に受かることよりも、む知ろ、看護学校を卒業することの方が難しいと思う人も多いといわれています。看護学校はそういわれるほど厳しく、レポートを出すのが少しでも遅れたり、テストに落ちてしまうなど、ちょっとしたことで留年させられるそうです。



それほど厳しい学校を卒業し、国家試験もパスした方には、ぜひとも看護師のしごとについて欲しいものですね。



看護師の場合、勤務の形態が他の職業にくらべておもったより特殊な上に、職場によっても違ってきます。



体制は一般的に、勤務が2交代、あるいは、3交代のシフト制になっていることが多いです。
2交代は大体3割、3交代制は大体7割となっていて、3交代制の病院の方が多いといえます。ただ、休日が多いのは2交代制ですから、2交代制を望む看護師も多いです。高校に入った時点で進学先が衛生看護科だと、国家試験の受験資格を得るのが他の方法よりも早いので、最速で看護師になれるでしょう。



ただ、途中で進路変更を考えても進路を変えるのは簡単なことではありません。また、試験をうけるまでには最短5年でいいのですが、試験までの期間が短いために試験勉強(強制されるとますますやりたくなくなるものです)や実習が不足して合格するのが難しいともいえます。看護士の求人情報は豊富にありますが、希望に見合う条件の求人があるとは限らないものです。
看護師資格の保有者で就職できればいいと思っている方は多くないでしょう。

できることなら、給料が高くて職場環境も良くて、夜勤がない病院などに勤務したいと思う方が多いです。

理想的な転職先ではたらくためには、情報の収集が重要になります。

看護師転職方法をご紹介