ホーム > ダイエット > 食生活が不規則だと太る理由

食生活が不規則だと太る理由

不規則な食生活を改善すればダイエットに成功し痩せるのかな、そのように思っている人は多いのではないでしょうか?

しかし、不規則な食生活を改善することって、簡単にはできないでしょう。

食生活が不規則だと太る理由がはっきりとあります。

まず、体に必要な栄養が不足すると食べ過ぎて太りやすくなります。

代謝に必要な栄養素が不足することで、糖質や脂質が使われずに、体内に溜め込んでしまうので、太りやすくなるのです。

外食が続いたり、ジャンクフードばかり食べていると、栄養不足になりやすいでしょう。

朝食を抜くと太りやすい?!

朝食を抜くことで食物繊維が不足すると、昼食時に血糖値が急上昇してしまうので、体内に脂肪が溜まりやすくなります。

また、朝食を抜くと成長ホルモンの分泌量が減ったり、午前中の代謝が低くなることで、太りやすくなります。

食べる量を減らすより朝食を食べるようにしただけで痩せることのできた人は多いでしょう。なので痩せるためには朝食はかなり重要なのです。

晩ご飯の食べる時間が遅いと、食べたものが体内に溜まりやすくなるので太りやすくなります。

晩ご飯の時間を早くしただけで痩せれた人は多いでしょう。

遅い時間に食べない、というのは痩せるためには非常に重要なことなのです。

不規則な食生活が原因で太っているのであれば、食生活の乱れを改善すればダイエット成功に近づきます。

しかし、忙しい現代人にとっては、なかなか難しいですよね。

そこでオススメなのが、栄養素がたっぷり入ったフルーツ風味の青汁で置き換えダイエットです。

このたっぷりフルーツ青汁には、普段はなかなか摂ることが難しい、80種類以上の酵素を凝縮配合しています。

体のあらゆる生命活動を支えるのはすべて酵素の働きによるもの。

酵素を摂取することで、体を活性化し、脂肪を燃焼させる手助けをしてくれるのです。

朝食の置き換えや夕食にプラスして栄養バランスを意識した食生活にすることで、摂取カロリーを抑えることができるでしょう。

ぜひ、毎日の食事にプラスして試してみてくださいね。

チラコイドサプリメントもプラスでストレスフリーに。